一般眼科

目もしくは、その周り(まぶた など)の症状や病気について診療していきます。具体的には、目が痛い、かゆい、かすんで見える、充血、ものもらい、疲れ目(眼精疲労)、目の乾燥(ドライアイ)などです。

以下の眼症状に心あたりがあれば、一度ご受診ください(例)

  • 白目が充血している
  • 黒目が白っぽい
  • 目ヤニや涙がよく出る
  • 目がかゆい
  • 目や目の奥のほうが痛む
  • 慢性的な目の疲れ
  • 目に異物が入った感じがする
  • ドライアイ(目の乾き) など

一般眼科

40歳を過ぎた方は異常がなくとも検診を

眼科を受診される多くの患者様は、目に何かしらの症状を感じて、受診されます。
ただ、中には自覚症状がなくても緑内障のように病状が進行してしまう重大な疾患もあります。
とくに緑内障は、時間をかけて視野欠損が進行し、ある程度まで進行して初めて視野狭窄に気づくことが多く、失った視野を元に戻すことはできません。

このような状態を防ぐには、自覚症状がなくても事前に検査を受けておくことが大切です。
緑内障や白内障のように40歳を過ぎた頃から有病率が上昇する疾患もあり、目にこれといった症状がなくとも、この年代に差しかかる方は一度ご受診されることをお勧めします。